流した汗の分だけ感謝されるお仕事を。

雨粒が映り込む窓

梅雨ですね。

ジメジメした時期の遺品整理や特殊清掃は?

机に置かれた温度計 唐突ですが雨が続いています。どうしてと言われれば、日本特有の気候のせいだと言わざるを得ないのですが、現場仕事の私たち。天候は良いに越したことはありません。しかし、仕事のなのでそうも言っていられないのも承知の上、ここ最近もおかげさまで忙しくさせてもらっております。

 このコラムも7回目を迎えました。毎回仕事の話ばかりでたまにはフランクなことを書こうかとも悩みますが、やはりこのホームページ内の大切なコンテンツだけに、このページでなければ伝えられないことを大切に更新していきたいと思います。

お見積はもちろん無料です。

スマートフォンを操作する若い女性 弊社ではお見積は無料でお伺いさせていただいております。これは特殊清掃にしても、遺品整理にしてもこの業界の常なのか、きっと他の同業者様も無料で行っている会社ばかりだと思います。

 しかしそれはお客様からしたら当たり前のこと、なのかもしれません。

 特殊清掃にしても遺品整理にしても、まずは何を言ってもどれぐらい費用がかかるのかを把握してから、今後お客様自身がどうするのかを判断することは自然な流れだと思います。

 弊社の見積金額を見て、この値段ならお願いしよう、と思われるお客様もいれば、これだけかかるなら自分たちで体を動かしてなんとかしよう、もしくは一度他の業者さんにも見積を出してもらおう、その先にはいろいろな選択肢があるはずです。

 その選択の幅を広げることも私たちの大切な仕事。だから無料なのです。とりあえずいくらかかるか知りたいな~というラフな気持ちでお電話・メールを頂ければ嬉しく思います。

初めてだからこそ、心配事は尽きません。

頭を抱えて悩む年配の男性 しかし特殊清掃に関してはやはりそうも言っていられない方々もいらっしゃるのもまた事実。最終的にもし原状回復できなかったら、お金を払ったのに臭いが消えなかったら・・・不安なお気持ちがそこには存在するはずです。

 初めてのことであれば尚更ですね。弊社もそのお気持ちを十二分に汲みとってお客様のために、故人様のために最高の仕事をしたいと常日頃思っております。

 私は常日頃仕事に対して、必ず100の仕事をするんだ、という強い信念をもって作業にあたっています。

 そして、お客様の表情や発言から何を求められているのかを汲みとり、他社にはないサービスを付け加え、最終的には120の仕事ができるよう心掛けるのです。

 その結果として100の御代金を頂戴する、そうでなければお客様との信頼関係を保てないと考えるからです。

最後は人

握手をする営業マンと夫婦 そこはやはりインターネット社会といえど最後は人と人とのつながりあいを大切に仕事をしています。私は素直な人間です、正直な人間です、だから信用してください、と活字にすることは至極簡単。

 けれども最終的な根っこの部分はやはり表情を見て、声を聞いて、私たちの会社が本当に信頼に足る企業かどうか、業者かどうか判断していただければと思います。きっと満足して頂けると信じて、毎日仕事をしているのです。

 相変わらず少し話は逸れてしまったことをお詫びします。上記に付随して最近あったことを少しだけ。

 

こんな話が以前ありました。

とある管理会社様よりご相談

デスクの置かれた固定電話

 お付き合いのある会社様からお電話を頂きました。担当者様のお知り合いの大家様がペットの臭いにお困りなのでスリーエスさんを紹介しても良いですか?とのこと。

 もちろん私たちはお困りの方が見えれば対応できる範囲で迅速にお伺いする様心掛けております。

 お伺いした場所はとあるアパート。話の経緯を聞くと、以前入居されていた方がペットを飼育していた模様。

 しかし管理があまり行き届いていなかったのか、生活ごみからペットの排泄物まで、とにかくお部屋がひどいダメージを受けてしまったようです。

 その大家様も仕事が早く、退去後、保証人様に部屋内の家財道具を搬出してもらい、その後リフォーム、ハウスクリーニングと業者を手配し、原状回復をしたという経緯です。

 しかし問題はその後。大家様はその現状を知っているだけに、先入観からか、臭いが鼻に付いてしまってなんかまたペット臭がする気がすると気がかりになっておられました。

 そこで一度専門の方に見て頂いて、どのような措置を取ればよいのか判断を仰ぎたいとのことでスリーエスに用命があったのです。

 もちろん先述した通り見積りやご相談は無料の弊社。すぐに日にちを調整させて頂き、居室内を確認させていただきました。

スリーエスの答えは?

丸とバツの札を手にもつ幼い少女

 弊社の出した答えは「作業の必要は特段ありません」という回答。

 なぜなら、大家様の迅速な判断でリフォーム・クリーニングと丁寧な仕事がしてあったということ、何より、第三者の私たちが直接鼻で至る所の臭いを嗅いでも特段刺激の強い臭いが確認できなかったことに尽きたからです。

 ただ、ここから先は気分の問題で、一度部屋内の除菌をしておきたいということであればオゾンを1日稼働させますが・・・とのご提案をさせてはいただいたものの、8割方現状のまま新規の入居者様が入られても問題がないお部屋でした。

 私たちはお困りのお客様に対して、必要のないことは正直に申し上げています。中には仕事を得ようと「こうしたほうが、ああしたほうが」と提案される方もいらっしゃるかもしれませんが、弊社としては仕事云々よりも、大丈夫ですよ、安心してくださいという前向きな回答を大切にしたいのです。

 お客様が抱えている不安や心配事はもちろん作業でも取り除けるかもしれません。しかし、作業をしなくても大丈夫なほど原状回復が出来ている場合に関してはそういった声掛けでも十分お客様の不安を払拭できると信じております。

 それでもスタンスとして、部屋内除菌済みと入居者様へ告知できた方が良い場合に関してはもちろんそれはそれとしてプロの作業をさせていただきます。

アドバイスも私たちのお仕事です。

見積・相談は無料です!

片手に持ったスマートフォン

 このように特殊清掃に付随するご相談でこれまでも何度もお伺いしてそれぞれのアドバイスをしてきました。

 その中には一度清掃作業をされた方が良いかと思います・・・。とご提案させていただいたこともありますが、それと同じぐらい、大丈夫ですよ、また何かお困りのことがあったらお気軽に相談してくださいね、と声をかけ帰社したこともあります。

 回りくどい言い方になってしまい重ねて申し訳なく思いますが、つまり言いたいことは見積=仕事を依頼する、ではないということです。

 お気軽に何でもご相談いただければ、現場を見た段階で特殊清掃の必要の有無を判断させていただき、結果として何もない場合も弊社にはよくあること。

 正直に、素直にお客様の負担を軽減させるご提案をさせて頂いております。その際にはまた弊社の顔を一緒に見ていただければと思います。

 そういう人と人との確かなつながりを大切に仕事をしたいと思っています。

 今現在も特殊清掃をいくつか抱えながらの毎日ではありますが、そのようなご相談事にも作業の合間を縫って誠心誠意ご対応させていただければと思います。

 まだまだ夏は手が届きそうでやってきません。しかしながらすでに汗を流しながら毎日毎日作業を行っている私たち。きっとお客様に満足していただけると信じて、その汗一つ一つを大切にしたいものですね。