遺品整理を名古屋でお探しなら【スリーエス】24時間365日対応

ストップ!入室するその前に

お部屋にて遺体を発見されたお客様
スリーエスがなんとかして見せます。

赤い字でストップと書かれた手のひら

〜ご遺体を発見されたお客様へ。何らかの形でお部屋内に遺体が発見された際の入室には十分お気をつけください〜

今現在、お部屋にて遺体を発見されたお客様

 まずはすぐに警察へ連絡してください。その後、現在の服装で入室することをおやめください。腐敗した遺体からは体液や血液、害虫をはじめ目に見えない細菌が浮遊しています。

 スリーエスがお客様の不安を取り除いて見せますので、気持ちを落ち着け、警察からの指示を待つようにしてください。

もしも自分が故人様の第一発見者であった場合。

 特殊清掃が必要な時、それは、何らかの形(自殺・事件・孤立死など)で人が通常の住居、お部屋の中で亡くなった場合です。

 近年愛知県名古屋市で多くみられるケースとして「孤立死・孤独死」が挙げられます。孤立死や孤独死の発見のされ方には様々な経緯があります。

 最近ポストの中身が全然確認されていない、身内の方などのお知り合いが連絡しても全然連絡がつかないというケースもあれば、ご遺体が時間と共に腐敗していき、隣近所から「何か変な臭いがする」と大家様や管理会社様へ連絡が入る場合、また、腐敗と同時に発生する害虫がお部屋の外へ湧いて出てきていることから発見される場合などなど、孤立死・孤独死においては多種多様な発見のされ方があります。

 孤立死・孤独死、殺人事件等があった場合、身内の方やそのお部屋を管理する管理会社様、大家様が鍵を開けて部屋内へ入室することが通常の流れとなりますが、中には、たまたま合鍵を使ってご遺族の方が入室された際にご遺体が発見される場合も十分に考えられます。

 以下に書かれていることは孤立死や孤独死されたご遺体の第一発見者に自分が万が一なった場合に取るべき行動、入室時に留意すべき事項になります。

 しかし、孤立死・孤独死等でお亡くなりになられていた方が身内の方だったり、お知り合いの方だったりした場合、その心の重荷は計り知れるものではございません。時には気が動転して入室に関してもどうしていいかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

 孤立死・孤独死が起こってしまった状況下で入室に際して以下の通り行動できなくて当然だと思います。

 しかし、もし自分が孤立死・孤独死、殺人現場等の第一発見者になった場合にはどうか心を落ち着け、深呼吸をし、正しい順序を踏んで、入室・行動をしてほしいと願っております。

 もし、周りに頼れる方がいない場合、孤立死・孤独死等が起こっている可能性がある現場にスリーエスも一緒になって同伴入室させていただくことも可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。

 警察の検死や捜査が始まると一定期間(一週間~二週間前後)孤立死・孤独死が起こったお部屋の鍵は返却されません。初段に同行させていただければその場で一旦お見積りを早い段階で算出することも可能ですのでぜひ一度ご相談ください。

1.嫌な臭いがあまりせず、害虫が見受けられない場合

木製のドアにつけられたノブ お部屋の中へ入室した段階で孤立死・孤独死されたご遺体を発見された場合には、まず一度心を落ち着かせてお部屋の外へ出てください。

 その際に嫌な臭いや害虫等が発生していない場合は死後数日の可能性が高いと思われます。

 すぐに警察に連絡後、警察からの指示を待つようにしてください。

 とにかく警察の指示があるまでは入室を避け、焦る気持ちからすべて自分でやろうとせず、落ち着いて警察からの指示を待つようにしてください。

2.部屋の外にいても嫌な臭いを感じることができ、害虫が部屋の外にいる場合

鼻をつまんで嫌そうな顔をする若い男性 孤立死・孤独死、殺人等で人が亡くなった場合、人間は死後早くて3日から、遅くても1週間前後で腐敗が始まります

 この速度はその時々の気候によって変わりますが、やはり夏場はその暑さから腐敗のスピードが速まります。

 たとえ冬場であっても1週間ほどすれば遺体の腐敗が始まっていきます。

 その最中、お部屋の中でもしお客様自身が入室し、孤立死・孤独死から腐乱したご遺体を発見された場合、同様にまずはお部屋の外へ出るようにしましょう。

 愛知県名古屋市を中心に多くの特殊清掃現場を見てきたスリーエスの経験上からも、いわゆる「死臭」と呼ばれる臭いは独特で、とてもその場に長くいられるような臭いではありません。

 入室を避けると同時に警察にすぐ連絡を取り、その後の指示を待ちましょう

3.お部屋の外へ出て、目には見えない細菌から身を守る。 

両手で顔を隠して身を守る若い男性 孤立死・孤独死等により万が一お部屋の中で遺体を目にした場合、必ずお部屋の外へ出るようにしてください。

 孤立死・孤独死が起きてしまった場合入室を避けることが大切だということです。

 それは、孤立死・孤独死、殺人等で亡くなった腐敗した遺体からは細菌が発生しているためです。

 孤立死・孤独死により人がお亡くなりになると、人間の体は腐敗が始まり、いずれ体内にガスが溜まり破裂します。

 このような状況を我々は「腹が割れる」などと形容したりしますが、破裂した際に体内に潜んでいた細菌が空気中へと放出されます

 孤立死・孤独死された原因として、中には生前、何か疾患を患っておられた方も見えますので、いかなる状況下においてもお部屋の中に長時間いることは避けた方が無難です。できれば入室は避けましょう。

 スリーエスでも、初段お部屋に入室する段階では感染症のリスクに配慮しお部屋内へ入室させていただいております。経験則上、突然電話が鳴り、出先から直接向かう中でハンカチ等で口と鼻を押さえ入室、強行突破した経験もありますが、目に見えないだけにどんなことが起きるかわかりません。

 お部屋の外へ出ると同時に入室及び、中の遺品においても警察の捜査後、スリーエスが一次消毒を行うまで触れないようにすることが無難です。

4.害虫を見つけたら・・・?

こちらを見つめるハエ 孤立死や孤独死、殺人等により人が何らかの形でお亡くなりになられていた場合、腐敗の進行と同時に害虫が発生します。

 ウジの場合ですと成虫になったハエがまた孤立死・孤独死された遺体の腐敗箇所に卵を産み付け孵化する、といったように無限にその発生が行われます。

 当然、遺体の腐敗した箇所から湧いていることになりますので、虫は様々な病原体を持っている可能性があります。

 害虫に関しては玄関の扉の隙間から外に出てきている可能性もありますので、部屋の中だけでなく外にも注意が必要です。

 もちろん入室も基本的には避けましょう。

 それらには絶対に触れないことと、万が一触れてしまった場合に関しては速やかに流水と石鹸にて手洗いをしてください。

 手が清潔になった状態でさらに塩素系の消毒液等で消毒することで2次感染の予防につながります。

 また、部屋内に関していえば存在している害虫はウジやハエだけにとどまらず、ゴキブリやその卵、ケースによってはネズミなどがいる可能性もありますので孤立死・孤独死等が起こったお部屋の入室にはやはり十分に注意が必要です。

5.遺品を整理したい・・・

両手を目に当て泣く若い女性 孤立死・孤独死等でおひとりで天国へ旅立たれた故人様はきっと無念であったはずです。

何より、残されたご遺族様はもっと深い悲しみに襲われることでしょう。故人様が生前大切にしていた形見、少しでも自分の近くに置いておきたい・・・。

そんな悲痛な思いをお持ちのご遺族様がほとんどだと思います。

もちろん孤立死・孤独死が起こってしまった、中には自身が責任を感じ、引き起こしてしまった、そうお思いになる方もいらっしゃいます。

少しでも故人様の近くに心を置いておきたいというお気持ちもまたそこにはあるはずです。

 しかし、人がお亡くなりになった場合、たとえそれが孤立死・孤独死のような自然死であったとしても、警察は必ず事件性の有無を捜査します。

 その際、警察立ち入り時の状態を捜査が終わるまで保っておく必要があります。

 先ほど申し上げた通り、感染症の側面だけでなく、警察の捜査があるという側面からも、焦る気持ちを落ち着け、入室に関しても遺品整理ができるようになるまで警察からの指示に従うようにしましょう。

 立ち入り許可及び、消毒作業が済み次第入室、遺品整理を行っていきましょう。

 もちろん孤立死や孤独死が引き起こされ、その精神的ショックからなかなか気持ちが前向きにならないなど、つらいお気持ちを乗り越えての作業になると思います。

 中にはそのショックからお部屋にすら入室することが困難になることも考えられます。スリーエスとしましてもこれまで愛知県名古屋市を中心に多くのお客様の背中を押すお手伝いをさせていただいてきた経験から、少しでも前向きに手助けできるよう、心の配慮を大切に作業にあたらせていただきます。

6.スリーエスは心の整理のお手伝いをさせていただきます。

湯呑を片手に微笑む年配の男性 スリーエスでは孤立死・孤独死、殺人等の現場清掃に関して、以上のことをご遺族様や、その他関係者様に顔を合わせて丁寧に説明させていただいております。

 それは、愛知県名古屋市を中心に作業を行うプロの業者としてただ目の前の状況を原状回復すればよい、という考えではなく、自分も遺族様の一員となって故人様へ親孝行したいと考えているからです。

 孤立死や孤独死をされ、故人様へたとえ身寄りがいなくとも、スリーエスのスタッフが必ず家族となり故人様へ親孝行をしたい、そんな強い信念をもって作業にあたっております。

 そこにはきっと案件ごとに違ったストーリーや形があると信じて、オンリーワンの特殊清掃作業、遺品整理作業をさせていただきます。

 もちろん作業内容もお任せください。すべてのご遺族様にぴったりのプランをご提案させていただきます。

お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-71-3037

Copyright © 名古屋で遺品整理ならスリーエス All Rights Reserved.
ページトップへ戻る
スリーエス電話番号 WEBからのお問い合わせはこちら