名古屋市名東区にて遺品整理を行いました。

寝室

※写真はイメージです。

二世帯住宅の遺品・動産物整理作業

上の階・下の階

キッチン下収納 ホームページをご覧のお客様より二世帯住宅の遺品整理と動産物の整理を行いました。

 1階部分に住まわれていた親御様が亡くなり、物件をリノベーションするにあたって各階にあるキッチンやお風呂などを一本化されるとのことで、1階は遺品整理、2階は今回お電話いただいたお客様の不用品を搬出するという流れで作業を行いました。

 同じ建物内でも上の階・下の階で独立した生活スタイルであったため、平屋×2といったイメージでの作業となります。

 物量も多く、作業に2日間を要しましたが無事に搬出作業を終えました。

※写真はイメージです。

トラックの停車位置

新興住宅地に並ぶ新築物件 作業にあたっては必ずトラックを使用します。今回は物件の敷地内にまでトラックを入れることができたので、非常に作業をスムーズに終えることができました。

 どうしても小さなトラックでしか作業ができない場合、その分労力や時間、日数がかかってしまう場合もあるので、物件の立地条件によっても多少の作業料金の増減がありますが、今回は搬出経路からダイレクトにトラックへ荷物を運び出すことができましたので、その分金額も最大限努力し、お客様へご提案いたしました。

※写真はイメージです。

遺品整理は心の整理

3つに重なった手 私たちのようなお仕事をしていると、故人の人生を自身が疑似体験しているような気持ちになります。

 それだけ遺品にはその人の人柄や性格、人間味がにじみ出るのかもしれません。

 作業中にも様々な貴重品が散見されました。ご遺族様が「一通り目は通しましたので」とおっしゃっていましたが、タンスの奥から、収納の中から、家財を全て整理していくと実にいろいろな遺品が出てきます。

 作業終了後に貴重品をご遺族様へお渡しさせていただき、いくつもの御礼の言葉を頂戴しました。

 2世帯住宅を新しい形へ生まれ変わらせるリノベーション。その第一歩を弊社がお手伝いできたことは非常に光栄なことでもあります。

自分でもできること

古いタンス 遺品整理は自分でもできることは沢山あります。

 その中で、私たちのような専門業者へ依頼する需要は年々高まっているように思います。今回のお客様も全体の5割ぐらいは少しずつ整理しながら弊社へ受け渡しをいただきました。

 もちろんそのままの状態でも作業を行うことも多くありますが、大物家財などは全てを一人で行うことは難しい場合がほとんどです。

 2日間かけてお部屋の中をすっきり空っぽにすると普段生活していた空間がより広く感じられます。

 この空間の価値がさらに高まることを考えると、弊社もお客様同様大変ワクワクするものです。

※写真はイメージです。

スタッフより

株式会社スリーエススタッフの顔写真

 スリーエスの遺品整理サービスはいかがだったでしょうか。家が大きければ大きいほど、ものが多ければ多いほど作業は大変にはなりますが、お客様もお忙しい中整理を進めていただけたおかげで、スムーズに仕分・整理作業を行うことができました。

 最後の簡易清掃を終え、お客様より感謝のお言葉をいただけたことを大変嬉しく思っております。また新生活にてお困りごとがございましたら何なりとお申し付けくださいませ。きっとご満足いただけるサービスをご提供いたしますのでよろしくお願いします。

 この度は本当にどうもありがとうございました。